カテゴリー別アーカイブ: 健康

ひどい肩こりを改善する為にマッサージ機がいい感じ

ひどい肩こりを改善するには“マッサージ”でしょう。運動やストレッチでも肩こりを改善することはできますが、デスクワークなどで忙しい日々を送っている場合、それだけでは追いつきません。

デスクワークは目が疲れるだけでなく肩がこるなどいろいろな難点があります。だからといってデスクワークから解放されるために仕事をやめる…というわけにもいかないですよね。

肩こりは放置しているとどんどんひどくなり、血行不良や頭痛を引き起こし、体調が悪化していってしまいます。ですから、早めに改善させなければなりません。

マッサージをする方法は大きく分けて3つ

「マッサージ店へ行く」「マッサージ機を使う」「家族や友人にマッサージしてもらう」この中で一番てっとりばやいのは「マッサージ機を使う」でしょうか。

頻繁にマッサージ店まで行っていたのではお金が大変ですし、ひとり暮らしですと家族や友人にマッサージしてもらうのも難しいと思います。

ただし、マッサージ機ならなんでもよいわけではありません。中には“ひとりでは使いづらい”マッサージ機もあるのです。

本当ならマッサージチェアが使いやすくてよいのですが、マッサージチェアは高価なうえに大きいので広い家でないと設置が大変です。

最近はマッサージ機の種類も増えてきており、昔ながらのハンディマッサージャーに加えたくさんの形が販売されています。

首まわりに特化したマッサージ機、足に特化したマッサージ機、それから座椅子の形をしたマッサージ機もありますね。

こちらは一般的なマッサージチェアよりも安価で購入できるのでオススメです。

ネックマッサージャーという商品がお勧め

肩こりを改善したいなら“ネックマッサージャー”がオススメ。ネックマッサージャーとは、主に首や肩のあたりをマッサージしてくれる優れものです。

デスクワークとなると、肩だけでなく首もこるのでネックマッサージャーは有効です。さらに嬉しいのがネックマッサージャーの値段。

マッサージチェアを買うとなるとかなり高額になりますが、ネックマッサージャーなら10,000円以下で購入することができるのです。

また場所をとらないため「マッサージチェアを設置するスペースがない」という悩みを抱える必要もありません。

ネックマッサージャーにもいくつか種類がありますから、自分の“こり”の症状に合った商品を選びましょう。

歯茎が傷みやすい原因とはいったい?

歯茎の痛みは誰でも感じたことがあるのではないかと思います。ただし痛みを感じてすぐに病院へ行くか行かないかは人それぞれですね。
また、なかなか行かれないまま日にちが過ぎていき、気がつけば痛みはひいていた…ということもあるかもしれません。

ではなぜ、歯茎はいつの間にか痛くなり、そしていつの間にか痛みがひいているのでしょうか。
まず歯茎というのは非常に敏感な場所です。実はとても痛みやすい体の一部とも言われているため、例えば少し体調を崩しただけでも痛くなってしまうのです。

つまり“病気を患っていなくても痛くなる可能性がある”、ということですね。
特に疲労がたまっている時、ストレスがたまっている時など、体の調子がよくない時期は注意が必要です。

病気でないにも関わらず歯茎の痛みが続くようなら体調の改善を気にしてみて下さい。
睡眠時間を増やす、栄養バランスの整った食事をする、運動をして新陳代謝をよくする、これだけでも痛みが変わってくるはずです。

風邪をひいているなら、しっかりと風邪を治すことも大切ですね。
なお「病気ではない」と自己判断をするのはいけませんので、痛みが続くようなら病院へ行って診てもらいましょう。

歯茎の痛みの原因は歯磨きも関係がある

「歯茎の痛み」は“歯磨きのしすぎ”によっても起こります。みなさんはどのように歯磨きをしているでしょうか。
1日のうちに歯磨きをする回数、使用している歯ブラシの硬さ、歯磨きをする時の力の入れ方…。

もし歯磨きをする回数が多く、使用している歯ブラシが硬いうえ、歯磨きをする時に強い力をこめているなら注意が必要です。
歯茎は皮膚でもなんでもなく“粘膜”です。粘膜ですので、とても傷つきやすいのですね。

硬い歯ブラシで歯を磨いていると、ちょっとした拍子にすぐ傷がついてしまいます。
「きれいにしよう」と思ってゴシゴシ力強く磨いていても同じです。歯茎に傷がつき、痛みの原因になります。

思い当たる節があるなら歯磨きの仕方を改善してみて下さい。できるだけ柔らかい歯ブラシを使用し、歯を磨く時は撫でるように優しくしてあげるのです。
最初のうちはすっきり感がなく物足りないと思うかもしれませんが、もともと歯磨きは力強くやらなくてもよいものなので問題ありません。

それから自分に合う歯ブラシを見つけるのも重要ですね。
歯ブラシにも合うものと合わないものがありますから、いろいろな商品を試してみるのもひとつの手ではないでしょうか。